メガネの備忘録

文豪の人間関係にときめいたり、男色文化を調べたり、古典の美少年を探したりまったりワーク。

【お能に出てくる美少年を知るシリーズ第15回】「自然居士」のご紹介

f:id:todoroki_megane:20210512100411j:plain

こんにちは、メガネです。
能のブロマンスは「松虫」だけかと思っていましたが、そんなことはないと調べるたびに痛感します。
さて今日ご紹介するのは、自然居士。あれ、あの話、少女では…? と思う方、ちょっとお話聞いてください。 

あらすじ

都で名高い青年僧・自然居士の説法の場に現れた、一人の少女(少年)。彼女(彼)は一枚の小袖を居士に捧げ、父母の回向を願います。
しかしそのとき、二人組の男が現れ、少女(少年)を連れ去ってしまう。実は彼女(彼)は、この小袖と引き換えに男たちに身を売ったのでした。

居士は少女(少年)を救うべく、男たちを追いかけてゆきます。やがて琵琶湖岸で追いついた彼は、漕ぎ出した男たちの船に乗り移ると、少女(少年)を返せと迫ります。説法の名手である居士の舌鋒に、少女(少年)の返還を余儀なくされた男たちは、交換条件として芸をして見せろと言う。居士は屈辱ながらも、少女(少年)のため、舞を舞い、簓を擦り、鞨鼓を打って芸を尽くします。やがて船は対岸に着き、居士は少女(少年)を伴って都へ帰るのでした。

美少年はどこ!?

あらすじを読んで、美少年はどこと思った方、いらっしゃいますよね。
実はこの演目、説法に現れた少女役、少年役になる場合があるのです。
親の回向のために入手した小袖と引き換えに身を売る少年、
身を売った先の男に連れ去らわれる少年、
都で名高い青年僧に助けられる少年、
一緒に都に帰る居士と少年。
想像しただけでちょっとブロマンス。
ありがとう、少女でも少年でもよい役でいてくれて。

若衆研の大竹先生の発表で自然居士が男色ものかも、
といわれていた理由が分かった気がします。


なお、下記のサイトを記事の参考・引用に、使わせていただきました
ありがとうございます。
【自然居士/the 能.com】
https://www.the-noh.com/jp/plays/data/program_074.html

【自然居士 | 銕仙会 能楽事典】
http://www.tessen.org/dictionary/explain/jinenkoji

 

【お能に出てくる美少年を知るシリーズ第14回】「生田敦盛」のご紹介

f:id:todoroki_megane:20210511093922j:plain

こんにちは、メガネです。
今日ご紹介するお話は、源平合戦で討ち死にした平敦盛くんに遺児がいたというお話です。しかも、その子は浄土宗を作った法然上人に拾われるというドラマティックな設定。
それではあらすじを見てきましょう

あらすじ

浄土宗の開祖法然上人が捨て子を拾います。その捨て子の父はなんと平敦盛。彼がある日、上人の従者と加茂明神に参詣すると「父の姿を見たくば生田の森に向かえ」という夢のお告げを受けたので、さっそく生田へ向かいます。
宿を借りようとある家を訪れたところ、その中にいた人こそ敦盛の幽霊でした。
久しぶりに対面する親子。敦盛は生前の苦しみの記憶を語り、わが子との再会を喜んで舞います。
ところがそこに、敦盛の帰りが遅いと閻魔大王の使者が現れ、辺りは修羅道さながらに敵が現れ、剣の雨が降り注ぎ、敦盛が必死に応戦します。
やがて、戦はおさまり辺りが静寂に包まれると、敦盛はわが子との別れを悲しみつつ消えていくのでした。

萌えポイント

美少年の敦盛君にじつは子供がいたという設定にまず驚き。
幽霊になった父と再会する我が子。実に感動的ですね。
しかし、敦盛が修羅道に堕ちていたとはびっくりです。
地獄にあっても安らかにならず、ずっと戦っていたのですね。
能「敦盛」で「回向」を求めたのも、この修羅道から抜け出したかったからでしょうか。
死しても苦しい運命にある敦盛君に切なくなります。
また、玉のような男の子と生まれた敦盛の息子が、
その美しい容貌に似合わぬ墨染めの衣を身にまとい(出家し)、
亡き父の跡を慕って旅に赴く…。
健気で泣けてきます。


なお、下記のサイトを記事の参考・引用に、使わせていただきました
ありがとうございます。
【生田敦盛| 銕仙会 能楽事典】
http://www.tessen.org/dictionary/explain/ikutaatsumori

高原英理編『少年愛文学選』平凡社ライブラリーから、感想がうまく書けないので好きな文章を集めました

こんにちは、メガネです。
平凡社ライブラリーから出た高原英理編『少年愛文学選』もう読まれました?
いたるところに少年愛エッセンスがあり、胸キュン。あの文豪がこんな話を…? と色々見る目も変わるというか。はい。
感想を書きたかったですが、うまいこと言葉が出てこないので、好きなセリフを各作品から紹介していきます。 

山崎俊夫『市彌 信夫 夕化粧』

 「(中略)だから僕はこういううつくしい夢を抱いたまま、だあれも見ないところで死んでしまいたいよ。」
「その時はあたいも連れてっておくれな、いっしょに。」
「ああ。」

「 きっとだよ。」
(p.22)

 

折口信夫『口ぶえ』

「漆間君」
「渥美君」
二人ながら声はしわがれていた。
(p.121-122)

江戸川乱歩『乱歩打明け話』

 

(前略)当時、十五歳の若衆時代には、これでなかなか色っぽかったものである。
(p.125)

 

倉田啓明『稚児殺し』

 

「君は今どんな事を考えてるの。」
「死ぬことばかり考えてるの。」
「そして君は死にたいと思うかい。」
「いいえ。最っと生きてみたいと思ってるよ。」
(p.160)

 

木下杢太郎『少年の死』

 

「君には犠牲的精神があるというのだろう。」
「別にそんな事を高慢にするのじゃない。」
(p.216)

 

武者小路実篤『彼』

 

「しかし僕は嬉しかったよ」彼は僕の顔を見た、しかし自分の眼鏡が曇っていたので彼の表情を見ることは出来なかった。
「ほんとに嬉しかった。君が僕を嫌わずに愛していると云うのだもの。(後略)」

(p.235)

 

稲垣足穂『RちゃんとSちゃんの話』

 

Rちゃん! Rちゃん!
僕にもちょうだいね
仲よくしましょう
桃色のレースのついたハンカチのRちゃん!
でも君はほんとうにシャンですね
僕は君の顔が世界中で一番好きです
君の事を思えば学校なんてどうでもいい

(p.290-291)

 

堀辰雄『燃ゆる頬』

 

彼は瘠せた、静脈の透いて見えるような美しい皮膚の少年だった。まだ薔薇いろの頬の所有者、私は彼のそういう貧血性の美しさを羨んだ。

(p.303)

 

大手拓次『沈黙の人』

 

(前略)ああ、宮田のアレになってるから、すまないが兄弟分にはなれない、その代り、親友になろうと。

(p.325)

 

村山槐多『ある美少年に贈る書』

 

永遠に生命の限り彼は君につきまとひ君が空になるまで君の美を追求せずには居ぬのであらう

(p.329)

 

川端康成『少年』

 

お前の指を、手を、腕を、胸を、頬を、瞼を、下(メガネ注記:舌の間違い?)を、歯を、脚を愛着した。
僕はお前を恋していた。お前も僕を恋していたと言ってよい。

(p.337)

 

中井英夫『夕映少年』

 

「可愛いって、それじゃ、男の子。それとも女の子」

「男の子」

「じゃあ」

(p.377)

 

塚本邦雄は該当なし

 

春日井健『未青年』

 

学友のかたれる恋はみな淡し遠く春雷の鳴る空のした(p.383)

プラトンを読みて倫理の愛の章に泡立ちやまぬ若きししむら(p.384)

 

高原英理『青色夢硝子』

全てはまだ始まっておらず、しかももう終わっていた。

(p.406)

 

興味を持たれたら、ぜひ、少年愛文学選を手に取ってくださいね!

 

 

 

 

 

雑誌さぶ 1986年10月号 林月光(石原豪人) 月光天狗劇場 肉体の門

雑誌さぶ 1986年10月号 林月光石原豪人) 月光天狗劇場 肉体の門です。
一つは、生徒を高校の演劇で、切支丹の弾圧をテーマにした先生のお話。劇の内容(脚本)は誉められましたが、実は先生は生徒たちにSMしたかっただけという…。
もう一つは、年上の男性に奪われたい少年の話。こちらもSMですね。林月光氏の描く縄が刺激的で、わーーー! ってなりました。はい。

 

 

この文字をクリックして、画像を見る

林月光(石原豪人) 月光天狗劇場

林月光(石原豪人) 月光天狗劇場

林月光(石原豪人) 月光天狗劇場

林月光(石原豪人) 月光天狗劇場

林月光(石原豪人) 月光天狗劇場

 

 

雑誌さぶ1986年09月号 林月光(石原豪人)月光天狗劇場 燃えろ! 赤ヘル

雑誌さぶ1986年09月号 林月光石原豪人)月光天狗劇場より燃えろ! 赤ヘルです
1970年代の仮面劇場に比べ、1980年代の天狗劇場は、なんだかよりリアルになっている気がします。文字数も多いですしね。時代かな。
読者投稿から、二人の少年のお話。
ヤクザと付き合うことになった少年と、芸能プロダクションで手籠めにされるアイドル? のお話です。

 

この文字をクリックして、画像を見る

林月光(石原豪人)月光天狗劇場

林月光(石原豪人)月光天狗劇場

林月光(石原豪人)月光天狗劇場

林月光(石原豪人)月光天狗劇場

林月光(石原豪人)月光天狗劇場

 

雑誌さぶ1977年10月号 林月光(石原豪人) 月光仮面劇場 盗春

雑誌さぶ1977年10月号 林月光 月光仮面劇場より盗春です
大学の事務員の木下と大学生の星は仲良し(いたすぐらいの)、ただ、星を通じて、木下と拳一が出会い、木下は家庭教師として、拳一に勉強その他もろもろを教えます。
星はもちろんジェラシー。
拳一の大学合格発表の日、拳一の名前は合格者の中にありませんでした。第二志望の京都の大学へ旅立つ拳一。
木下は星の元へ戻ります。すると、じつは拳一は合格していたのだけれど、木下の事務所のカギを複製した星が拳一を合格リストから外していたことがわかります。
愛って怖い…。

 

この文字をクリックして、画像を見る

林月光 月光仮面劇場 

林月光 月光仮面劇場 

林月光 月光仮面劇場 

林月光 月光仮面劇場 

 

雑誌さぶ 1975年09号 林月光(石原豪人) 月光仮面劇場 いく夜重ねて

雑誌さぶ 1975年09号より、林月光 月光仮面劇場「いく世重ねて」です。
旦那にかまってもらえない奥さんが、若い歌手(男)に手を出して、
何故か若い歌手の方が旦那に責められ(間男だからか)、
実は怒ったのは、旦那さんの方が若い歌手にぞっこんだったから! という落ち。
歌手はやがて大成し、旦那さんがほめますが、これもあなたの愛のおかげという甘いお話です。

 

 

この文字をクリックして、画像を見る

林月光 月光仮面劇場

林月光 月光仮面劇場

林月光 月光仮面劇場

林月光 月光仮面劇場