メガネの備忘録

文豪の人間関係にときめいたり、男色文化を調べたり、古典の美少年を探したりまったりワーク。

カルチャー

高原英理編『少年愛文学選』平凡社ライブラリーから、感想がうまく書けないので好きな文章を集めました

こんにちは、メガネです。平凡社ライブラリーから出た高原英理編『少年愛文学選』もう読まれました?いたるところに少年愛エッセンスがあり、胸キュン。あの文豪がこんな話を…? と色々見る目も変わるというか。はい。感想を書きたかったですが、うまいこと…

桜姫東文章上の段を見て

こんにちは、メガネです。シネマ歌舞伎は何度か見ているんですが、生まれて初めて生の歌舞伎を見ました。演目は「桜姫東文章」。坂東玉三郎さまがみたいという願いをかなえたわけですが、まさか稚児姿とお姫様姿を同時に拝めることになるとは。幸せいっぱい…

児灌頂の研究 犯と聖性 感想のようなもの

稚児と稚児灌頂について調べ始めた時知った、『児灌頂の研究 犯と聖性』でいろいろ目からうろこだったので、感想のようなもの。 児灌頂の研究 犯と聖性 作者:辻 晶子 発売日: 2021/03/12 メディア: 単行本 稚児灌頂とは、天台宗で行われていた儀式で、稚児と…

お能に出てくる美少年を知るシリーズ第9回「関寺小町」のご紹介

こんにちは。メガネです。お能に出てくる美少年を知るシリーズももう9回、いろんな美少年を見てきました。しみじみ。さて、今回ご紹介する美少年は、なんとお寺の稚児。舞を舞って、老女の心を動かす重要なキャラクターですよ!それではあらすじを見ていきま…

お能シリーズ番外編「羽衣」「道成寺」あらすじ紹介

こんにちは! メガネです近世(江戸時代)の若衆と念者を中心に、幅広く日本の男色文化・文学を探究する人々の集まりの若衆文化研究会(若衆研)さんがとうとう、能をテーマに会を行うというので、(男色関係ないですが)テーマの「羽衣」と「道成寺」を予習…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第8回「望月」のご紹介

こんにちは、メガネです。美少年が出てくる能を調べるうちに、子方(子どもが演じる)の能を調べれば美少年にたどり着けるのではないか…? とネットの海へダイブ。その中で出会ったのが、妻子・家臣が敵討ち! という演目の「望月」ですそれでは内容を見てい…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第7回「丹後物狂」のご紹介

こんにちは、メガネです!ネットサーフィンをしていたら偶然見つけた「丹後物狂」の紹介です。なんでも、江戸時代に一度上演が絶えたものが、近年復活したとか。連綿と続く謡曲もあれば、絶えて再び脚光を浴びるものもあるんですね。しんみり。 あらすじ 天…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第6回「桜川」のご紹介

こんにちは、メガネです。お能の世界に美少年はいねがーとなまはげ状態になっております(苦笑)というわけで、今回は、母子家庭で苦労している母を想って自ら身売りしてお金を作り、母を楽させてあげようというあっぱれすぎる心根の美少年を紹介します。 あ…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第5回「弱法師」のご紹介

こんにちは、メガネです。今回ご紹介する美少年は、「弱法師」という作品に出てくる盲目の少年俊徳丸くんですが、果たして彼が美少年かどうか…と悩んでツイッターアンケートしたところ、美少年という返事が返ってきましたので、美少年認定させていただきます…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第4回「敦盛」のご紹介

どうも、メガネです!BL臭がするお能の演目にちょっと浮気していましたが、お能に出てくる美少年シリーズ4にたどり着けました。今回は平家物語でも美少年と名高い「敦盛」くんのお話をお届けします。(敦盛君というと、遙かなる時空の中で3のイメージがむっ…

【匂いたつ男色能の物語シリーズ2】恋ゆえに悪僧と呼ばれ、死したのちも怨霊となるある男の話ー男色能「東心坊」のご紹介

こんにちは。メガネです。九州男児先生に教えていただいた、男色の香りがする能の演目で、「東心坊」というのがあるのですが、ネットサーフィンしても見つからない!というわけで、「東心坊」の謡曲が載っている、『田中允編/未刊謡曲集 続十/古典文庫』か…

【匂いたつ男色能の物語シリーズ1】 弟子が殺されるなら、自分も死ぬ! 師弟愛が奇跡をうんだ 能「谷行」の物語

こんにちは。だんだんお能沼にはまりつつあるメガネです。物語を読んでいるだけでときめきマックス…!今回は、師弟愛が麗しい、「谷行」のご紹介です。 【あらすじ】山岳で修行する物たちの掟のひとつ。修行中に病気になった者は、その時点で谷へ生き埋めにさ…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第3回「花月」のご紹介

こんにちは、メガネです。 お能にでてくる美少年を知るシリーズも第3回。 お楽しみいただけているでしょうか??(ドキドキ…) 今日は、7歳で天狗に拉致られて、芸事いろいろ仕込まれた結果、 アイドルのように成長した少年が、 清水寺で父親と再会する「花月…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第2回「鞍馬天狗」のご紹介

こんにちは、メガネです。 お能に出てくる美少年シリーズ、第2回は 美少年というか美丈夫という言葉の方がふさわしいかもしれない 牛若丸(後の源義経)が登場する「鞍馬天狗」のご紹介です あらすじ 春の京都鞍馬山で、鞍馬山の稚児と僧侶が花見の宴をして…

お能にでてくる美少年を知るシリーズ第1回「菊慈童」のご紹介

こんにちは。メガネです。 以前、能のブロマンス作品「松虫」を紹介しましたが、 その後、実は、能には美少年が多く出てくるというお話を聞きまして え!? 美少年!? と心湧きたち、 いろいろ調べ始めました。 というわけで、いつまで続くかわからないですが、…

巣ごもりに、型抜きクッキー作りはいかが? 和ものから外国の神様まで 型抜ける!? 一風変わったクッキー型のご紹介

こんにちは、メガネです。 突然ですが、クッキーづくりは好きですか? メガネは高校生の時、黙々とアイスボックスクッキーを作っていた時期がありました。 無心に作れて、量産できて、たのしいんですよね。 さて、ネットサーフィンが半ば趣味と化しているの…

猫が愛しくてたまらなくなる、猫がでてくるおすすめ漫画3選 2020年版

インスタグラムのお勧め写真が猫であふれているメガネさんです。どうして、猫好きがばれたのだ…。 家に猫がいるくらい、メガネは猫が好きですが(猫が私を好きかどうかはわかりませんとも、ええ)、読者の皆さんはいかがですか? 本日は、メガネの心の琴線に…

素敵なお兄様は好きですか? 高橋葉介先生『夢幻紳士シリーズ』おすすめランキング

こんにちは、昭和生まれのメガネです。 令和に至るまでいろんな漫画を読んできましたが、自分ベスト10に入るシリーズに、高橋葉介先生の『夢幻紳士シリーズ』があります。 黒の山高帽に黒衣のマント――男女どころか幽霊や妖怪までも惑わす、魅惑のキャラクタ…

「1999年の夏休み」「弥勒」…少女が演じる、少年たちがみずみずしい。映画2選

おひさしぶりですこんにちは。 コロナでいろいろ滞っていたメガネです。萌えを摂取しないとどこまでも心が矮小化するなーと思った日々でした。 そんな日々の中で、見返していてまぶしかったのが映画「1999年の夏休み」と「弥勒」。どちらも少女が少年を演じ…

幻想耽美小説入門に服部まゆみ作品はいかが?『この闇と光』『シメール』おすすめ感想

気がついたら幻想耽美沼にいる、メガネさんです。 幻想耽美小説の作家さんには、皆川博子先生(著書多数)、山尾悠子先生(これぞ幻想小説の名家だけれど、過去作が手に入りにくい)や須永朝彦先生(過去作が手に入りにくい)など、様々いらっしゃいますが、…

深夜にしか出会えないイケメン・タクシードライバーは好きですか? 手塚治虫『ミッドナイト』が萌えの塊だった話

とある漫画家さんの手塚治虫作品のファンアートを眺めていたら、 『ミッドナイト』という漫画に出会ったメガネです。 手塚治虫作品は、リボンの騎士や、火の鳥、三つ目が通る、七色インコ、ブラック・ジャックなどは知っていましたが、ノーマークだった『ミ…

メガネおすすめ☆漫画で読む泉鏡花作品3選

不要不急の外出を止められて、家の中でごろごろしていたメガネです。 暇を持て余していたので、何か読み物を…と部屋の中をごそごそ探したら、 出てきました、泉鏡花。 でも、頭があまり回らないので、幻想小説を読みすすめるには根気がいる… というわけで、…

いにしえのBL…能の世界のブロマンス…「松虫」のご紹介

こんにちは。数年前から気にしていた、能の演目「松虫」が意外と、上演されていることを知り、年はじめからそわそわしているメガネです。 能の演目「松虫」がなぜそんなに気になるのかというと、この作品、ブロマンスなのです!(目の付け所がシャープでしょ…

ブロマンスからトランスセクシャルまで、いろいろな耽美ジュネがやばい 新潮文庫『特別な友情―フランスBLセレクション―』から私的おすすめ3選

こんにちは、日々萌を探しているメガネです。 Pixivで好きな絵師様の絵を見ていたら、出会ってしまった『特別な友情―フランスBLセレクション―』。 https://www.shinchosha.co.jp/book/204513/ ランボー、コクトーなどの小説・詩から美味しいところだけを抜き…

瓶詰の地獄、少女地獄…読みやすい夢野久作短編作品まとめ

こんにちは、いまだに夢野久作の『ドグラ・マグラ』が読破できないメガネです。でも、短編は読んでいて、面白いんですよ…。 というわけで、今回はメガネさんが読んで面白かった、夢野久作の短編を3作品ご紹介します! 『瓶詰の地獄』 【あらすじ】 極楽鳥が…

独断と偏見で語る 宮沢賢治 銀河鉄道の夜 カムパネルラは誰なのか?考察

小学校の頃、銀河鉄道の夜を読み、私のカムパネルラにもいつか会えるだろうか、という夢想をアラフォーになっても引きずっているメガネです。 さて、大人になって、宮沢賢治の人となりや人間関係に触れる機会があり、改めて銀河鉄道の夜を読んだ時、カムパネ…

宮沢賢治の見方が変わる? 父親、恋人、心友からみる宮沢賢治を紹介する本ランキング

こんにちは、自分のカムパネルラはどこにいるんだろうかなどという夢みたいなことをアラフォーになっても考えている、メガネです。 さて、みなさんは、宮沢賢治にどんなイメージを持っていますか? 農村に尽くした聖人? 生徒思いの先生? 自分の写真を撮る…

「推しの尊みが過ぎる!」全訳 男色大鑑歌舞伎若衆編 私的萌え話ベスト3

急に秋が深まり、服装難民のメガネです。みなさまいかがおすごしでしょうか? メガネが個人的にプッシュしております男色大鑑、 とうとう、とうとう、『全訳 男色大鑑 歌舞伎若衆編』が出版されました!(メデタイ!) (版元ドットコムサイトより引用) 作…

2019年10月5日「若衆文化研究会秋祭り」レポート

こんにちは、メガネです! 今日はランキングサイトなのにランキングを無視して(他のライターさんたちすいません…)、先日参加した、「若衆文化研究会秋祭り」のレポートをしたいと思います! 昨年男色大鑑に出会った時に、知ってしまった、西鶴の男色大鑑を…

「君の名前で僕を呼んで」「モーリス4K」「ゴッズ・オウン・カントリー」...このブロマンス映画がやばいランキング

別に選んでいるわけではないですが、最近見る映画はLGBTをテーマにしたものが多い、メガネです。2018年以降は特にブロマンス調の映画ばかり見てます。豊作でホクホクです。 今回は、見た映画の中から、きゅんと切なく甘酸っぱく、それでいてDVDでお手軽に見…